アルファベット・V トップへ

ロシアが生んだ奇跡の歌声! 我等が高音王子『VITAS』の魅力を日本にも、そして世界にも★


人気投票会場へ

このサイトについて



“世界に響き渡る奇跡の歌声!”

このサイトは、ロシア出身のポップシンガーVitas(ヴィタス)を応援するファンサイトです。


サイト内検索


Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.


おすすめ


【ろしあん雑貨にて販売中】

Return Home Part1
『Return Home Part1』




【アマゾンにて販売中】

Amazon Vitas
Album Vitas [ImportCD]
amazon



【HMVにて販売中】

HMV vitashmv vitas af
Album Vitas [ImportCD]

HMV RETURN HOME 1icon
Return Home Part 1

HMV Return Home: Live In St.petersburgicon
Return Home: Live In St.petersburg - Asian Import

"Vitas"のブログ検索


『Vitas』と書かれた記事を
新着10件表示
(関連度の精度は低め)

Powerd by [Feed Widget]

新着NEWS

【at 2010年04月05日】

当ブログの活動方針の変更について


最近のエントリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾レポ 2日目

いよいよコンサート1日目なので、友達に美容院に連れて行ってもらって髪を整えてもらいました。
…馬子にも衣装とはこのことか…。



ブレブレなのはわざとです!日本人が珍しかったのかはわかりませんが、
会場内でメディアの方のちょっとした取材を受けてしまいました。

でもよく考えたら何かに顔とか出たら困るなと思って
急いで「今のなかったことに!><」とお願いしてきました。

とってもチキンハーツ。



フロアにプロデューサーのMr.Pudovkin(プドフキン氏)がいたので挨拶に行きました。



渡す機会が結局なかったので、
王子に渡すつもりで描いて持っていった絵(王子とプドフキン氏とアンドレイ(ボディーガード)の三人を描いた絵)を
代わりに渡してもらえるようにお願いしました。
それを見て彼もとても喜んでくれました。
空港での様子を見た時も思いましたが、とてもフレンドリーで楽しい方です。

これもわざとです!   プドフキン氏は
  「すぐ日本にも行く。」
  と何度も言ってくれました。

  日本進出を本当に真面目に考えてくださっているようです。
  日本のファンとしては本当に嬉しかったです。

私は全然英語が話せないので、気の利いた言葉が何も出てこなかったのが悔やまれます。
「ありがとう!日本のファンも心から待ってます!」くらい言えたらよかったなぁ…。
私に出来たのは何度も頷いてみせるだけでした。
使えないなぁ…私…。



やはりこの写真。



さて、肝心のコンサートの感想ですが。

んー…月並みな言葉しか出てこない!
でも本当に素晴らしかったです。

何しろ…近い!
すごい。すごかった。

最初、
「王子の声に混じって何か別の声が聞こえるな」「誰か一緒になって歌ってるのではないか」
なんて思ったのですが
よく聞いたら彼の生の声でした。

アッー!

なんとも罰当たりなことを考えてしまった…。


しかしあの毛皮のマントは暑過ぎたのではないだろうか…。
しかししかし実に眼福でした。

気付いたら惚けてしまってその度に持ち直してはまた気付いたらぼんやり。
夢か現かと。
そんな時間でした。

そうそう!
『花束を渡すのはNG』と聞いていたんですが、なんと案外渡せちゃいました。

「Спасибо.(Thank you.)」って言ってました!
ジーン…!


(『謝謝』って言われるかもと思ってました)



持ってかれる前に撮らねばとちょっと必死でした。
生マイクスタンドちゃんにも会えたし、とっても幸せでした!!(そこかよ)




あらあら
やっぱりどなたかがyoutubeにアップなさったようです。

vitas in taiwan

台湾レポ 1日目

さて、そろそろレポートをまとめてしまわなければ!(*>u<*)


空港での話からします!
行くまでが大変でしたが…(何せ一人旅初めてだったので)
無事にお出迎え出来る時間に台湾に行くことができました。

そこで初めて生のVitas王子をチラッと見ることができました!
写真や動画で見るよりずっと、
髪の色を抜いたのではないかと思うくらい、ずっとずっと白っぽかったです。

空港は一時騒然となり、皆Vitasの元へ走っていきました。
自分はというと、お恥ずかしい話ですが一人取り残されてボーッとしてしまっていました。


自分は後から聞いて知ったのですが、
王子は口元に指をあてて盛り上がりエキサイティングするファンを静止し、
そして『我愛你!(I love you!)』と言ったのだそうです。
これには皆大喜びですね。

この一連の様子の動画がJulieのブログに載っています。



と思ったらyoutubeにもアップされてました。

VITAS接機2007Jun22

エキサイティングですね。

VITAS接機2007Jun22_2

かなりエキサイティングですね。



そうそう、自分の絵を待受画像にしてくれている人もいました!
なんだか照れくさかったけど、なんだか嬉しかったです。



そのあと約束のチケットを渡されました。
うわー!本物です!
チケットを受け取ると、妙に実感がわいてきてすごく嬉しくなりました。

昨日帰ってきました!

昨日の午後日本に帰ってきました。
色々ありましたが、やっぱり頑張って行ってよかったです。
得るものがたくさんありました。

どこから話せばよいかな…。
どこまで話せばよいかな…。



落ち着いたらレポート書きますね!

VitasMovie - 忍たまヴィタ太郎

これもずいぶん前から見かけてた動画だったのでご紹介です。
わりと若い頃のもののようです。



vitas- ninja

えーと…忍者です!ニンニン。
どういうワケかわかりませんが忍者になっています。
カタカナの名前とか見るとすごい親しみを感じますね。
彼は武術がお気に入りなのかもしれません。
あちょー!

しかし忍(シノビ)たる者、素顔を晒してはいけません。
10点減点!

VitasMovie - 『saturday evening』にて

今までアルバムの曲の順番で動画を紹介してきたんですが、
今回はちょっとそのルールから外れて最近の映像を紹介します。



Steam Engine, Wait!

Vitasの動画を探す中でよく目にする、『サタディ・イブニング』での映像です。
これは昔からロシアで馴染み(?)の曲『Постой, паровоз』を歌っているのだそうです。
歌詞についてはノーコメント!

最近の彼は真ん中分けみたいですね。

VitasMovie - Odessa -Одесса-

賑やかな港町の雰囲気満点の曲です!
聞いてて楽しくなりますね。
テンポもとっても良いです。

高音レベルは、70ぐらいでしょうか。



25.Odessa

ノリノリなかんじの曲です!
バックの人ものりのりです。
赤白ジャージの我らがVITASさんもノリノリですー。

VitasMovie - And The Gipsy Is Going -А цыган идёт(A tsygan idet)-

放浪の民ジプシーが往く!

始めは重い曲調です。
少しずつテンポが速くなって賑やかにシメ。

高音レベルは、63ぐらいですかね。普通に歌い上げます。



21.And The Gipsy is Going

フラメンコおねーさんが華麗におどっています。
いわゆるジプシーな雰囲気なんでしょうね。
バイオリンの音色がきれいです。

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

【VITAS CLOCK】


このブログパーツを貼る!



【VITAS TUBE】


このブログパーツを貼る!

管理人


Destro
Destro(デストロ)

『ソビエトロシアでは、
Vitasの音楽があなたを聞く!』
- ロシア的倒置法 - より)

メールフォーム


迷惑メールが増えたため、
メールフォームを別に設置しました。

お問い合わせはコチラから

アクセス数


現在までに

★  回 ★

 (くらい)閲覧されています。 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。