アルファベット・V トップへ

ロシアが生んだ奇跡の歌声! 我等が高音王子『VITAS』の魅力を日本にも、そして世界にも★


人気投票会場へ

このサイトについて



“世界に響き渡る奇跡の歌声!”

このサイトは、ロシア出身のポップシンガーVitas(ヴィタス)を応援するファンサイトです。


サイト内検索


Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.


おすすめ


【ろしあん雑貨にて販売中】

Return Home Part1
『Return Home Part1』




【アマゾンにて販売中】

Amazon Vitas
Album Vitas [ImportCD]
amazon



【HMVにて販売中】

HMV vitashmv vitas af
Album Vitas [ImportCD]

HMV RETURN HOME 1icon
Return Home Part 1

HMV Return Home: Live In St.petersburgicon
Return Home: Live In St.petersburg - Asian Import

"Vitas"のブログ検索


『Vitas』と書かれた記事を
新着10件表示
(関連度の精度は低め)

Powerd by [Feed Widget]

新着NEWS

【at 2010年04月05日】

当ブログの活動方針の変更について


最近のエントリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VitasMovie - Rain in Tbilisi -Дождь в Тбилиси(Dozhd' v Tbilisi)-

『Smile!』の十二曲目です。
終盤入ってきた感じで寂しげな曲調が続きますね。

高音レベルは思い切って35まで下げてみます。



The Rain in Tbilisi

メソメソしてしまっています。
いつもはどんな時でも余裕の表情なのに、この曲の時はすごく感極まっている感じがします。
この時、Vitasのお母さんが病気で大変で、彼はとても苦しんでいたそうです。
次の動画も珍しく声がうわずったり、上手く出なかったり。



The Rain in Tbilisi 2

この曲の時は悲しそうなのが多いですね。
そういう歌なせいもあるのでしょうか。

歌う前の部分も入っている動画はコチラです。
もらった絵を見せてニッコリ。



The Rain in Tbilisi 3

さらに別のバージョンです。
元々悲しい音色なのもあるのでしょうかね。
痛々しい雰囲気です。大人になると悲しいことがいっぱいです。



Vitas-The Rain in Tbilisi

これはだいぶ変り種です。
他のいくつかのPVの映像を編集して作っているようです。
『これはオフィシャルのミュージックビデオじゃありませんよ』という注意書きもありますね。
まったくですね。



もっとキレイな動画が見たい方はコチラ★
情報提供:南風さん

VitasMovie - Chrysanthemums Have Faded Out -Отцвели хризантемы(Ottsveli khrizantemy)-

アルバム『Smile!』の十一曲目です。

これまでの曲と雰囲気がガラッと変わってシックな雰囲気の曲です。
ちょっと悲しげなような空ろなような。

高音レベルは64くらいにしておきましょぉ。



19.Chrysanthemums have Faded Out

落ち着いた雰囲気(+落ち着いた服装)でキメてくださってます。

どんな意味の曲なのかがわからないのでなんともですが、
この頃は全体的に得意気な表情で歌っているのが多いように見受けます。
それが良いとか悪いとかは置いておいて、です。



もっとキレイな動画が見たい方はコチラ★
情報提供:南風さん

「ロシア皇帝の至宝展」行ってきました②

さて
「ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~」開催にあたり、
2Fの『レストランモア』で「ロシア皇帝の至宝展」とタイアップした特別メニューが味わえるのです。
私ももちろんせっかくの機会なので頂いてまいりました!



20070504125209.jpg  特別メニューは

  ・前菜  ザクースカ(前菜)
  ・スープ  ボルシチ
  ・メイン  サーモンの黄金焼スメタナソース(クリームソース)
  ・デザート  キセーリ(ロシア風なめらか果実) + ロシアン・ティー

  という豪華なラインナップでした。
  これで1800円は大満足だと思います。


初のロシア料理ということで
食べ方とかマナーとかも全然わからなかったですが、
お店のお母さんも
「好きなように召し上がってくださいね」
と優しく言ってくれたので安心して賞味することが出来ました。



D10000011.jpgちょっと苦労したものもありました。
前菜です。

実を言うと私はピクルスとかがとても苦手で、
ハンバーガーを食べる時もピクルスは抜いてしまうんですね。
今回も残してしまおうか…とも思いましたが

『ロシアの人は皆食べてるんだ…!』
『きっとVitasも食べてるんだ…!』


と自分を奮い立たせて食べました。
半分。

半分は食べてもらいました。でも半分頑張りました。
うん、頑張った。



ボルシチは予想していたより薄めの色。
ビーツの周りから赤い色が染み出ているような印象でした。
多分ずーーーーーっと煮込んでいると真っ赤な色が出てくるのでしょうね。

この『ビーツ』。
ロシア語では『Свёкла(スヴョークラ)』。
「赤カブ」と訳されるそうですがカブではないらしいです。
日本で馴染みのある野菜で例えるなら、サトウダイコンの仲間だそうです。



サーモンのクリームソースは色んなキノコがいっぱい入っていました。
ロシア人はキノコ大好きさんだそうです。
ロシア料理屋さんもキノコなメニューがいっぱいでした。



お店のオモテに書いてあったロシアン・ティーの飲み方についての紹介がちょっと面白かったです。
普通、ロシア料理のお店ではジャムをお茶の中に混ぜて持ってきてくれるそうなのですが、
ロシアではジャムを一口舐めてからストレートのお茶をいただくんだそうです。

食後にロシアン・ティーを持ってきていただいた時も、
「混ぜてもいいし、舐めながら飲んでもいいですよ」と気遣ってくださいました。
ブルーベリージャムと紅茶がよく合って、とても美味しかったです。
ロシアンな気分にも浸れて、かなりニヨニヨでした。



ロシア料理を頂き、ロシアの至宝や芸術に触れ、
「今日はロシア三昧だ。ロシア堪能だ。今日は実にロシアな日だった。」
となれば夜ご飯もロシア料理でしめましょう、となるのは必然ですよね。
いや、必然ではないですね。ロシア過ぎましたね。
でもそこがいい。一日ロシアでした。うん。

というわけで帰りは
新宿ミロード9Fの『マトリョーシカ』というお店でディナーとなりました。

ピロシキ食べましたピロシキ!
カレーの味がしないカレーパンみたいでした。
ここのお店は「ロシア料理」というだけでなくて健康にも気を遣ったメニューが多くてとっても良い感じでした。



さて
食後にいただく飲み物はやっぱりロシアン・ティーにしてみました。
確かめてみたかったのです。

出てきたロシアン・ティーはズバリ、至宝展のレストランで見たとおりでした!
苺ジャムが入っていました。

このお店では苺ジャムも特別に作って、
紅茶のブレンドもそれに合わせて特別に作っているそうです。
蜂蜜のやわらかい甘みと苺の甘酸っぱい香りがとてもよく合っていました。
もちろん、ここのロシアン・ティーも美味しかったです。

だからきっとどちらが間違いでどちらかが正しい、とか
そういう話でもないのではないかな。

ただ自分はブルーベリーのほうが好きだったり、
飲み終わったあとに沈んだジャムが残ってしまうのを見たりしたので、
個人的にどちらかを選ぶなら
『レストランモア』で飲んだロシアン・ティーが良かったなと思いました。

しかしどちらも本当に美味しいです。
というかジャムと紅茶すごく合います。
かなりオススメです。

はまってしまいそうです!

「ロシア皇帝の至宝展」行ってきました①

実は昨日、江戸東京博物館にて
「ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~」を見に行ってきました!
230点にも及ぶ展示品の数々…たっぷり堪能してまいりました。

すごかったです。
ロシアの工芸、芸術品は本当に繊細な作りのものばかりで、
ロシアの職人さんのレベルがすごく高かったことがわかります。



そしてロシアの王族貴族はホント豪華だった。
オコジョの毛皮フッサー! 金銀宝石キッラー!
光物にときめくカラスみたいな私ですから、もういちいち魅入ってしまいます。
やるなロシア…!
素敵すぎるぜロシア…!

でもオコジョの毛皮はシッポがいっぱいくっついているので
見ててちょっと生々しくて「うぅっ…」ってなってしまいました。
『女帝エカテリーナ2世の肖像』という画が特に。



それにイコン(聖像)福音書もたくさん見ることが出来ました。
ロシア正教のVTRも見ましたがすごい。
とても信心深い敬虔な人達なのでしょうね。
オクラド(イコンなどに描かれた聖人の光背などを示す飾り)の豪華さを見てそんな風に思いました。



あとなんと言っても今回の目玉である『クレムリンエッグ』の事を書かなくては!


D1000002.jpgスパスカヤ塔とヴォドヴズヴォドナヤ塔を再現した土台の上に、
ウスペンスキー大聖堂の建物をイメージした金の丸屋根を頂いた白い卵さんです。
(パンフの受け売りです)

ミニチュアみたいでとっても可愛かった!
すごい細かい作りでまさに匠の技です!!!
美しすぎる…お家に一個欲しいっ。

実はオルゴールになっていて、
皇帝ニコライ2世のお気に入りの「天使ケルビムの歌」が流れるのだそうです。
にくい演出ですね。(適当です



写真は本物でなくて、
おみやげコーナーに飾ってあったお菓子製クレムリンエッグです!
本物は撮影禁止だったのでね。
(勝手に写メ撮ってるおばあちゃんいたけどね!『ダメ、絶対!』です)

これもお菓子とは思えない出来でした…!
世の中匠だらけだ!!

テンプレまだまだカスタマイズ中です

アルバムの動画のほうを全然更新してなかったので
ちょっといっぺんに何個か出してみました。

見つからないのとかもありますが、またおいおいということで…。



テンプレートは暫定公開ですよ。
まだこれで完成ではないです。

多分需要はないだろうし、カテゴリとの兼ね合いもあるので
共有テンプレートにはならないだろうなと思っています。
もしするとしたら本家(ここ)と何らかの区別を付けたいな、なんて。



さて、報告が前後しておりますが
先日コンサイスの露和辞典を購入いたしました!
一生懸命睨めっこしながらボソボソ単語を拾ったり並べたりしています。
でも…ロシア語って難しい!

本当に訳せるのだろうかと不安になりながら
ボソボソたどたどしております。

そして「初級ロシア語講座」のページを読んでなんとなく大丈夫な気がして安心したり。
またボソボソしたり。
ロシア語に強い友人がいたらなぁ…。(くぅっ…!

少しずつ頑張っていきたいと思います!

VitasMovie - Vitas on the news

せっかくなのでどんどん行きます。



Vitas on the news

これはやばいです。
王子可愛すぎます。ホアチャー!

中国と仲良しさんです。
色々頑張ってるみたいですね。言語とか。
うんうん。

ファンの皆さんが言っているのは
Я люблю витас !(ヤー リュビリュ ヴィタス!)」
要するに
ビタス大好き!ビタス超好き!ビタス愛してる!
みたいなものですね。

我々日本のファンも是非言いましょう。
Я люблю витас !

あと冒頭でちょろっと入るPVの一瞬がなまらエロいと思いました!

VitasMovie - VITAS ─ News

これも見つけました。
テレビでしょうか。



VITAS ─ News

すごいです。
早回しなのもすごいですが、お化粧シーンまでバッチリです。
踊ってる姿もバッチリですね。

うしろのほうでご本人のコメントが!
でもなんて言ってるかわからないや。(泣

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログパーツ

【VITAS CLOCK】


このブログパーツを貼る!



【VITAS TUBE】


このブログパーツを貼る!

管理人


Destro
Destro(デストロ)

『ソビエトロシアでは、
Vitasの音楽があなたを聞く!』
- ロシア的倒置法 - より)

メールフォーム


迷惑メールが増えたため、
メールフォームを別に設置しました。

お問い合わせはコチラから

アクセス数


現在までに

★  回 ★

 (くらい)閲覧されています。 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。