アルファベット・V トップへ

ロシアが生んだ奇跡の歌声! 我等が高音王子『VITAS』の魅力を日本にも、そして世界にも★


人気投票会場へ

このサイトについて



“世界に響き渡る奇跡の歌声!”

このサイトは、ロシア出身のポップシンガーVitas(ヴィタス)を応援するファンサイトです。


サイト内検索


Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.


おすすめ


【ろしあん雑貨にて販売中】

Return Home Part1
『Return Home Part1』




【アマゾンにて販売中】

Amazon Vitas
Album Vitas [ImportCD]
amazon



【HMVにて販売中】

HMV vitashmv vitas af
Album Vitas [ImportCD]

HMV RETURN HOME 1icon
Return Home Part 1

HMV Return Home: Live In St.petersburgicon
Return Home: Live In St.petersburg - Asian Import

"Vitas"のブログ検索


『Vitas』と書かれた記事を
新着10件表示
(関連度の精度は低め)

Powerd by [Feed Widget]

新着NEWS

【at 2010年04月05日】

当ブログの活動方針の変更について


最近のエントリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VitasMovie - The 7th Element -7 элемент-

初期のほうから追っていきますね。

アルバム『Philosophy of Miracle』の二曲目です。
一曲目の『Dreams』の動画が見当たらなかったので一曲飛ばして紹介することにします。
(あとのほうになってくると割とメジャーじゃない曲の動画も見つかるのに…)

高音レベルは82くらい。



VITAS ─ 第七元素


見ての通り、すごいスーツですね。
彼はファッションデザイナーでもあって、自分の衣装を自分でデザインしているようです。
注目ポイントはリズムに合わせた腰振りと舌のペロペロ運動。
そして終盤のラップ。

もっとキレイな動画が見たい方はコチラ★
情報提供:南風さん



7 элемент; The 7th element

こっちもやんちゃさんです。初期の頃はどれも奇抜です。
そしてやっぱり病的な細っこさ。
ちゃんと食べてたのでしょうか?食べてたは食べてたでしょうね。

このページについて

VITAS
ロシアではとっても有名な方のようです。
世界各国にファンサイトがあります。ついにアメリカ進出も決定いたしました。

ですがそれに比べれば日本での知名度はまだまだ全然です。
情報もあまり入ってきませんし、日本では彼のCDを買うのはまだまだ難しいです。
彼が日本に進出するためには、日本でのプロモーションを手助けするためにファンの力が必要です。
Vitasを呼ぶたくさんの人の声が必要です。

自分も彼の来日を切に待ち望む一人として
具体的にどんなことがヘルプに繋がるのか考え、
『VITAS』のことをもっと多くの方に知ってもらいたくてこのページを作りました。

彼の素敵なトコロをたくさん紹介したいと思います。

(“デビュー”だと日本での活動が主みたいな感じがしたので、「進出」「来日」と変えさせていただきました)



リンクを貼ってくださる方のために、バナー用意しました!
banner.gif

お持ち帰りはコチラからどうぞ。(直リンクOKです)


どうぞよろしくおねがいします。

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログパーツ

【VITAS CLOCK】


このブログパーツを貼る!



【VITAS TUBE】


このブログパーツを貼る!

管理人


Destro
Destro(デストロ)

『ソビエトロシアでは、
Vitasの音楽があなたを聞く!』
- ロシア的倒置法 - より)

メールフォーム


迷惑メールが増えたため、
メールフォームを別に設置しました。

お問い合わせはコチラから

アクセス数


現在までに

★  回 ★

 (くらい)閲覧されています。 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。