アルファベット・V トップへ

ロシアが生んだ奇跡の歌声! 我等が高音王子『VITAS』の魅力を日本にも、そして世界にも★


人気投票会場へ

このサイトについて



“世界に響き渡る奇跡の歌声!”

このサイトは、ロシア出身のポップシンガーVitas(ヴィタス)を応援するファンサイトです。


サイト内検索


Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.


おすすめ


【ろしあん雑貨にて販売中】

Return Home Part1
『Return Home Part1』




【アマゾンにて販売中】

Amazon Vitas
Album Vitas [ImportCD]
amazon



【HMVにて販売中】

HMV vitashmv vitas af
Album Vitas [ImportCD]

HMV RETURN HOME 1icon
Return Home Part 1

HMV Return Home: Live In St.petersburgicon
Return Home: Live In St.petersburg - Asian Import

"Vitas"のブログ検索


『Vitas』と書かれた記事を
新着10件表示
(関連度の精度は低め)

Powerd by [Feed Widget]

新着NEWS

【at 2010年04月05日】

当ブログの活動方針の変更について


最近のエントリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はVitasの誕生日★

今日はVitasの誕生日です!!!

皆さんVitasへのお祝いメッセージはもう書きましたか?
まだです?

まだの方はこちらですよ!(*´∀`*)
http://vitas-japan.com/guestbook/

日本はあと1時間ほどで20日になっちゃうけど、
ロシアのほうは時差があるのでまだ全然間に合いますよ♪
じゃんじゃんメッセージ書き込んでくださいね~★

Vitasに関するQ&A

Q&Aを作っておくのを忘れてました。
質問はコメントでもメールフォームからでも構いません。
答えられる範囲で答えていきます!



■今までに出た質問■まとめ

Q.『馬場フィーバ』の曲名を教えてください。
A.『Dedication』です!

Q.『テラジーザス』の曲名を教えてください。
A.『Dedication』です!

Q.『ふぁふぁふぁ~』の曲名を教えてください。
A.『Dedication』です!

Q.『ふぉぉぉおぁぉぉぁ』ってやつの曲名を教えてください。
A.多分『Dedication』です!

Q.『どや顔』ってなんですか?
A.Vitasの得意げな顔が「どや?(俺すげーだろ、かっこいーだろ的な意味で)」って感じなのでいつの間にか「どや顔」と呼ばれるようになりました。

Q.アメリカ版のCDに『Dedication』は収録されていますか?
A.残念ながら収録されていません。
『Mama』のアルバムと、アジア(台湾+北京)版の『2007年度ベストアルバム』に収録されています。

Q.Vitasの身長を教えてください。
A.公表されてないのでわかりませんが「178cmは余裕であるよね」というもっぱらの噂です。
プロデューサーさんが長身なので並んでテレビに映ると「Vitasって実は背が低いんじゃないの?」と思われるみたいですが、アジア人と比べればそれなりに長身のようです。

Q.Vitasはロシア人ですか?ラトビア人ですか?
A.生まれはラトビアだそうですがロシア人のようです。ちなみに育ったのはウクライナのオデッサだとか。
名前の構造である程度判断できるらしいですが、ちょっと難しいですね。

Q.『Friendship』を一緒に歌っているお祖父様は実の家族ですか?
A.小さい頃の写真を見ると、実のお爺様のようです。
その記事のインタビューには「祖父が自分の初めてのプロデューサーだった」みたいなことが書いてありました。



質問があった時に随時追加していきます!

VITAS(ヴィタス)とは

この人です!(すごい単刀直入…

Lucia Di Lammermoor


そして2008年1月9日に『ザ・ベストハウス123』で取り上げられ
日本のTVで初めて放送された、今日本で一番話題絶頂の動画がコチラです!

Dedication

じょじょに高い音域に上がり始めます。



Vitasについて


ヴィタス(Wikiで呼び名を改める提案があったので対応)

PVの撮影の合間にボディーガードのアンドレイと。

ロシア名:Витас
(使われているフォントによって「Bumac」と表記される事がありますがキリル文字の筆記体なので「ブマック」じゃありません)

英名:Vitas

漢字圏名:維塔斯(発音:ウィタス)

本名:Виталий Владасович Грачев
(ビタリー・ブラダソビッチ・グラチェフ)

生年月日:1981年2月19日(公表)


ロシアの歌手、作曲家、俳優、ファッションデザイナー。
ラトビアのダウガフピルス生まれ。(youtubeコメントより抜粋)
モスクワ在住。
彼の音楽はとてもユニークで、奇矯なテクノから、クラシックオペラなどあらゆるスタイルの音楽を作曲している。
(日本ではしばしば「ロシア歌謡」と表現される。)

彼はロシアのテレビにもたびたび現れ、将来世界中で才能が認められることが期待されている。
日本、韓国、香港の音楽界で契約を結ぶことを計画中。


2005年末、ビタスのミュージックビデオ『Opera#2』はインターネット上でアジアの人々に頻繁に転送された。
アジアのマーケットでVitasは有名になり、注目される存在となった。

それがコチラ。

あちこち衝撃的です。



経歴について


■音楽家としての成功■
最初にロシアのメディアに現れたのは2000年12月、『Opera #2』の舞台だった。
Vitasのソプラニスタ(男声の最高音域)はロシア国民を驚かせた。


クレムリン宮殿にて

2002-2003年
■名誉ある位置に上る■

2002年3月29日Vitasはクレムリン宮殿の舞台で、満席の中ソロコンサートを行った。
彼はクレムリン宮殿の上演で最年少の記録を持つ。


『In Memory of Caruso(カルソの記念)』の作曲家ルーチョ・ダッラから、この有名な歌をコンサート『San Remo in Moscow(モスクワのサンレモ)』で一緒に演じるよう招待された。
Vitasの神秘的な声は観客とルーチョ・ダッラを圧倒した。
結果ルーチョ・ダッラはVitasに、ローマでモダンオペラ『トスカ』の演出を手がけるように依頼した。

2003年11月、"RUSSIA"のコンサートホールでVitasの二度目のソロコンサート
『The Songs of My Mother』が行われた。
二つのアルバム『The Songs of My Mother』と『Mama』がこのコンサートのために発売された。
アルバム『The Songs of My Mother』の中の歌はロシアのポップ音楽の金星となる。
アルバム『Mama』はすべて新曲で構成されていた。

2003年3月以降、Vitasはロシア、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イスラエル、ドイツ、カザフスタン、リトアニア、ラトビア、エストニア、グルジア、タジキスタン、ウクライナとベラルーシで264回ものソロコンサートを開いた。

ソロコンサート『The Song Of My Mother』にて


2004-2006年
■イメージと音楽の発展■
2004年10月8日、アルバム『A Kiss As Long As Eternity』が発売されると、ロシアで半年もしないうちに20万枚が売れるという快挙を成し遂げた。
これまでにVitasのCDが売れた数は100万枚を突破した。

2005年8月、VitasのプロデューサーSergey=Pudovkin(セルゲイ・プドフキン)は、
台湾のレコード会社アヴァント・ガーデン・レコード(Avant Garden Records)からVitasのアルバムを2005年6月に発売する計画を立てた。
しかし、現在まだアヴァント・ガーデン・レコードからのVitasのアルバムは発売されていない。
台湾では現在までに宏藝術工作室(KHAM)から訪台記念CD+DVD、
ユニバーサルミュージック台湾(Universal Music Taiwan)から『Return home』の台湾版CD+DVDがそれぞれリリースされている。

2004年~2005年、Vitasはロシアで一番人気の高いツアー・アーティストになった。
『The Songs of My Mother』はベスト・ミュージカル・イベントと評価された。

2004年~2006年の間、プドヴキン・プロダクション本部は『The Songs of My Mother』コンサートをロシア、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、カザフスタン、イスラエルとバルティク合衆国で開く事にした。
2004年の1年間で、Vitasは250ものコンサートを開いた。

2006年6月、VitasはCCTV中央電視台(北京の中央テレビ局)から「中国のロシアの年」大イベントに参加を招待された。
Vitasは2曲、『Star』と『Opera #2』を「中国のロシアの年」にささげた。

北京にて


2007年-
Vitasのプレミア『Return home(故郷に帰る)』は2007年3月にクレムリン宮殿で行われ、20曲以上の新曲が歌われた。
『Crane's Crying』、『Shores of Russia』、『I Ask All Saints』、『The Little Prince』、『I Repeat Your Name』などの沢山の新曲はCDに収録される以前からインターネット上でファンのお気に入りになった。
これらの新曲以外にもゲストを招いてのデュエット曲などがコンサートDVDに収録されている。

アメリカ初のVitasアルバム

2007年10月、米国のレコード会社ジェミニ・サン・レコード(Gemini Sun Records)と契約を結び、2008年1月29日に全米リリースを計画している。

日本国内のファンの日本進出への期待も高まっている。




トリビア

■歌以外にも■
2002年3月29日、クレムリン大宮殿で行われたソロコンサートは最高の結果を見せた。
2002年9月29日、彼は服のデザイン『Autumn Dreams』もクレムリン大宮殿のステージで発表した。

ファッションショーにて


以上Vitas - Wikipediaより引用

VitasのCDを買う方法

現在、日本のamazonではVitasのCDを買うことが出来ません。
しかし、海外のamazon.comでなら買うことが出来ます。

下記のサイトでは、そのための手続きの方法を詳しく紹介してくださっています。
是非これを参考にして、CDゲットに挑戦してみてください。

Amazon.comで買い物する方法 by J Love


ご連絡遅れましたが、実際に自分もチャレンジしてみました。
ご報告は→コチラ

Vitasの身長について

南風さんから情報をいただきました。
心からの感謝です!



さて、Vitasの身長ですが
各国のWikipediaはもちろん、
オフィシャルサイトや各国のファンサイトでもこれについての記述は見当たりません。
西洋のほうの方は、こういった話題を好まないのかもですね。



しかし以前、中国のファンサイトで、彼の身長に関して議論が行われたそうです。

何人かが
「180cmくらい、おおよそ183cmくらいではないか」と言いました。
何人かが
「175cmくらいではないか。そんなに背は高くないと思う。」と言いました。

一人の男性のファンがVitasと顔を合わせて、およその身長を推測したと言いました。
その男性は
「178cmよりは高いと思う。」と言いました。
(178cmはその男性の身長だったのではないかと予想しています)

この事を教えてくれた南風さんはこの意見が一番信憑性が高いのではないかと言っていました。



もっとはっきりとした回答をするために
オフィシャルサイトに直に問い合わせをするべきだとは思うのですが、
今ちょっとお仕事の話が先行してしまっているので
今後改めてきちんとご紹介が出来ればなと思います。(^^;)

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログパーツ

【VITAS CLOCK】


このブログパーツを貼る!



【VITAS TUBE】


このブログパーツを貼る!

管理人


Destro
Destro(デストロ)

『ソビエトロシアでは、
Vitasの音楽があなたを聞く!』
- ロシア的倒置法 - より)

メールフォーム


迷惑メールが増えたため、
メールフォームを別に設置しました。

お問い合わせはコチラから

アクセス数


現在までに

★  回 ★

 (くらい)閲覧されています。 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。